虫歯は早期発見・早期治療が大切です

虫歯で歯を失わないために

虫歯で歯を失わないために

「まだ我慢できるし大丈夫」と歯が痛いのにもかかわらず治療を先延ばしにしていませんか? そうしている間にも虫歯は徐々に進行します。治療せず放っておくと最終的には歯を抜かなければならない場合もあります。ですが、初期の虫歯であれば治療も簡単に済むのはもちろん、歯を失う危険もありません。大切な自分の歯を守るためには、虫歯に気づいたらすぐに歯医者に行くことが大切です。

虫歯になる要因とは

ブラッシングが大事です!

ブラッシングが大事です!

虫歯の原因は、口の中の虫歯菌と食べかす。お口の中にある虫歯菌が食べかすの中にある糖分を分解して酸を出し、この酸が歯を溶かします。これが虫歯のはじまりです。

虫歯にならないためには、食後すぐにブラッシングして食べかすを除去することが重要。そうすることで、虫歯リスクを減らすことができます。なお、治療履歴のある歯は健康な歯に比べてもろく、虫歯になりやすい傾向にあるので特に注意しましょう。

虫歯の進行段階と治療法

段階 症状 治療法

ごく初期の虫歯 C0

歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

エナメル質の虫歯 C1

歯の表面のエナメル質が溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

象牙質の虫歯 C2

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰めもの)で補います。

神経まで達した虫歯 C3

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せもの)を被せます。

歯根まで達した虫歯 C4

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

おと貝歯科の虫歯検査方法

レーザーを使用した痛くない安全な虫歯検査

レーザーを使用した痛くない安全な虫歯検査

当院では「ダイアグノデント」というレーザー測定器を使用した虫歯検査を行っています。レーザーを歯に当てて歯の組織の変化をとらえることにより、虫歯の進行度を数値で表示。この検査により、従来発見が困難であったごく初期の虫歯も発見できるようになりました。歯を削らず、痛みもなく、体に安全なレーザー光線なので、安心してお受けいただけます。