歯周病が及ぼす全身への悪影響

歯周病は、歯ぐきや顎の骨などの歯周組織が破壊され、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうおそろしい病気ですが、その悪影響はお口の中だけにとどまりません。歯周病菌がお口の中から体内に入り込み血流に乗って全身をめぐることで、さまざまな全身疾患を招いたり悪化させたりすることもあるのです。

心臓血管系疾患 歯周病菌が生成する毒素が血流に乗って血管に作用して血栓をつくり、動脈硬化や心臓疾患を引き起こすことがあります。
呼吸器官系疾患 誤嚥(ごえん)によって歯周病菌が肺に入ることで、肺炎を引き起こすことがあります。特に高齢者や寝たきりの方に多く見られます。
糖尿病 糖尿病と歯周病は密接に関係しています。炎症反応によって生じたさまざまな物質や歯周病菌が生成する毒素が毛細血管から血液中に入り込み、糖尿病を悪化させます。また逆に、糖尿病により細菌に対する抵抗力が低下するために歯周病を発症・進行させることがあります。相互に悪影響を与え合うので注意が必要です。
低体重児出産・早産 歯周病になると生成される物質が血液に乗って胎盤に作用し、子宮収縮などを引き起こすことで、低体重児出産や早産を招くと考えられています。お口が健康な妊婦さんに比べ、その確率は約7倍ともいわれています。
消化器系疾患 歯周病菌は、胃炎や胃潰瘍、胃がんのリスク因子であるピロリ菌と共通するさまざまな抗原を持っているため、腹痛、嘔吐、下痢など消化器系に何らかの症状を引き起こしてしまうことがあります。

歯周病を「たかがお口の病気」とあなどってはいけません。歯周病を治療・予防することは、全身疾患の予防にもつながります。歯周病と診断された場合は、早めに治療しましょう。また、そもそも歯周病にならないように予防に努めましょう。

歯周病は早期発見・早期治療、それに予防が大切です。おと貝歯科では歯周病治療はもちろん、さまざまな予防治療を行い患者さんのお口の健康維持をサポートします。
東郷町をはじめ、名古屋市緑区、豊明市などの地域からのご来院もお待ちしています。当院へのお問い合わせ・診療予約はお電話でどうぞ。