しっかり咬める入れ歯で快適な毎日を

歯は、1本でも失うと見た目が悪くなるばかりか、咬んだり話したりすることが不便になります。歯を失ったら、歯を補う必要があるのです。歯を補う治療「補綴治療」としてもっともポピュラーなのが、入れ歯です。

入れ歯に「見た目が目立つ」「外れる」「硬いものが食べられない」というマイナスイメージを持っている方は少なからずいらっしゃると思います。しかし、現在は歯科医療の進歩にともない、これらのマイナス要素を払拭した優れた入れ歯が数多く登場しています。かつ、「比較的安価」「短期間で歯の機能を取り戻せる」というメリットはいまだ健在。入れ歯は、お手軽に歯の機能を補える補綴治療といえるでしょう。

【保険入れ歯と自費入れ歯】

入れ歯には保険適用のものと自費診療のものがあります。保険適用の入れ歯は自費診療のものに比べて治療費は安価ですが、見た目や機能的な面で劣ります。一方、自費診療の入れ歯は見た目や咬み心地が本物の歯に近く、装着時の違和感もほとんどありません。当院では患者さんの症状やご要望をふまえて、保険診療・自費診療問わず患者さんに適した入れ歯をおつくりします。ご不明な点などはどうぞご相談ください。

取り扱い自費診療の入れ歯

種類 特徴 料金(税込)

チタン床義歯

チタン床義歯

人工関節にも使われている素材(チタン)を使用

入れ歯の歯ぐきにあたる部分「床」がチタンという金属でできている総入れ歯です。薄いつくりになっているため、装着時に違和感がほとんどなく、食事や会話に支障がありません。

324,000円
メリット デメリット
  • 軽くて薄い
  • 生体親和性が高い(体にやさしい)
  • 自分の歯に近い咬み心地
  • 口をあいたときに床が見えてしまう

コバルトクロム床義歯

コバルトクロム床義歯

金属床義歯の中でもっともスタンダードなタイプ

入れ歯の歯ぐきにあたる部分「床」がコバルトクロムという金属でできている総入れ歯です。薄いつくりになっているため、装着時に違和感がほとんどなく、食事や会話に支障がありません。

270,000円
メリット デメリット
  • 金属床義歯の中では比較的安価
  • 食べものの温度が伝わりやすい(食事が楽しめる)
  • 少し床が見えてしまう
  • やや重い

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

バネを一切使っていない

固定するための金具(バネ)を使っていない部分入れ歯です。金具がないので、口をあけたときに入れ歯を装着しているかどうか分からないのがメリットです。

片顎・片側 97,200円
片顎・両側 216,000円
メリット デメリット
  • 見た目が美しい
  • 軽くてやわらかい
  • 修理が難しいことがある

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

アタッチメント義歯

バネの代わりに磁石を用いた入れ歯です。残っている歯根側に磁性金属を、入れ歯側に磁石を埋め込み、磁力で入れ歯を固定します。バネを用いた入れ歯に比べて残った歯への負担が軽く済むことがメリットです。

54,000円(1箇所)
メリット デメリット
  • 入れ歯が外れにくい
  • しっかり咬める
  • 残っている歯への負担が少ない
  • 症例によっては使えない場合がある

新たに入れ歯を入れる患者さんも、つくり直しを検討されている患者さんも、お気軽にお問い合わせください。おと貝歯科ではさまざまな種類の中から患者さんに適した入れ歯をご提供しています。

東郷町をはじめ、名古屋市緑区、豊明市などの地域からのご来院もお待ちしています。当院へのお問い合わせ・診療予約はお電話でお願いします。