妊娠中はマタニティー診療

ドクター 山崎 理恵

妊娠中は、ホルモンバランスの影響や食事の仕方などにより虫歯や歯周病になりやすい口内環境になります。妊娠前から定期的に歯医者に通って予防に取り組むのはもちろん、妊娠中も日々のブラッシングに合わせてプロケアを受けて快適にマタニティ生活を過ごしましょう。

当院には、女医が在籍しています。妊婦さんと同じ目線に立った治療を行い、妊娠中の口腔内ケアに関するアドバイスも行っています。

妊娠中は虫歯になりやすい?

妊娠中はつわりが原因で、食べ食事回数が増えたり、歯ブラシを口に入れることで気分が悪くなったりして、口腔内に食べかすがたまったままの状況が多くなります。また、唾液による「緩衝能」の機能が落ちてしまい、歯を酸から修復する力が低下するために虫歯になりやすくなります。

妊娠中の虫歯治療

妊娠中は精神的に不安定になりやすい時期。普段では何でもない虫歯治療でも、過度の緊張や恐怖心を引き起こしてしまう可能性があります。虫歯の進行度合によっても異なりますが、当院では抜歯などの外科的な処置が必要な場合などは応急処置だけにして、産後に治療するようにしています。

診療する際に注意していただきたいこと

  • 母子健康手帳を持参すること
  • 産婦人科の先生に相談しておくこと
  • 歯科医に妊娠していることや、現在の妊娠経過をきちんと伝えること

妊娠中の虫歯予防

虫歯予防には、毎日のブラッシングが基本です。デンタルフロスを使い、より丁寧に行うと効果的です。ただ、つわりなどで歯ブラシを使うことが困難なときには、洗口剤を使い、口をすすぎましょう。

【ママの虫歯は赤ちゃんに移る!?】

生まれたての赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。では、どこから虫歯菌が移ってくるのでしょうか。それは、実はご家族からです。同じお箸やスプーン使用してご飯を食べさせたり可愛くてキスしたりすることで、ご家族のお口の中にいる細菌が唾液を介して赤ちゃんのお口の中に入り込んでしまうのです。

そのため、ご家族揃って虫歯予防に努めることが大切。もちろん、虫歯がすでにある方がご家族にいらっしゃる場合は、早めに虫歯を治しましょう。

お子さんは「虫歯になった」とはいいません。お子さんから「痛い」といった訴えがありましたら、できるだけ早く受診させてあげましょう。また、妊娠中病気に気をつけるのはお口の病気も同様です。

当院には女医が在籍しています。東郷町をはじめ、名古屋市緑区、豊明市などの地域からのご来院もお待ちしています。当院へのお問い合わせ・診療予約はお電話からお願いします。