審美治療できれいな口元を実現

審美治療とは見た目の美しさだけではなく、咬み合わせを整えてお口の機能も回復させることを目的とした総合的な歯科診療です。「虫歯を治療したけれど、笑うときや話すときに銀歯が見えて気になってしまう……」などのお悩みがある方には、審美治療をおすすめします。

インレーとクラウンの素材

インレー(詰めもの)クラウン(被せもの)にはさまざまな素材があります。それぞれに特徴がありますので、患者さんの口腔内の状況やご希望をふまえて適した素材を選択して処置を行います。

審美治療で使われる素材は、そのほとんどが自費診療のものです。なかでも「セラミック」は光の透過性や色調、天然歯と同様の硬度の再現性が高く、インレーやクラウンに使用することで本物の歯と同じような印象が得られます。

特長 料金(税込)
インレー クラウン

オールセラミック

オールセラミック

見た目が美しい

すべてセラミックでできており、透明感がある本物の歯に近い見た目を再現します。インレー・クラウンに使用します。

54,000円 108,000円
ハイブリッドセラミック

見た目はオールセラミックよりもやや劣る

セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜた素材で、インレーやクラウンに使用します。オールセラミックに比べ見た目はやや劣りますが、やわらかいので咬み合う歯にダメージを与えないというメリットがあります。

32,400円 54,000円

メタルボンド

メタルボンド

見た目はオールセラミックよりもやや劣るが耐久性に優れる

金属の土台にセラミックを焼きつけた素材で、よくクラウンに用います。オールセラミックのような透明感はありませんが、変色もせず強度があります。

――― 86,400円
土台

ファイバーコア

ファイバーコア

被せものの審美性を損ねない
耐久性に優れる

被せものをする際、土台(コア)が必要になります。これまで、金属製のコアが主流でしたが、その場合セラミックの被せものをした際に光を通さず、本物の歯のような透明感を再現することができませんでした。また、強度があるため歯が割れてしまうといったデメリットもありました。そこで開発されたのが「ファイバーコア」。割れの原因になりにくい、腐食しないなどのメリットがあり、何といっても光の透過を遮断しないため、セラミックなどの被せものの美しさを引き立てます。

10,800円