歯周病改善までの流れ

1.初診

患者さんのお悩みをお伺いし、口腔内や顎の骨の状況を視診や検査(レントゲン撮影、口腔内撮影など)を行います。また、歯周病検査も行います。

パノラマレントゲン
スケーリング(歯石の除去
ポケット測定(歯周病の検査)
Dental14枚法

>>歯周病検査についてはこちら

2.診断、評価
検査結果をふまえ診断を行い、歯ぐきの炎症具合、顎の骨の吸収具合、また歯周病検査により進行段階を確認します。

3.治療計画立案・説明、治療
上記評価にて治療が必要と判断された場合、治療計画を立案し、わかりやすくご説明いたします。ご質問などがありましたら、お気軽におたずねください。そして、進行段階に合わせた治療を行います。
>>治療法についてはこちら

4.再評価
治療によりどのくらい歯ぐきが引き締まったかをチェックします。また、歯周ポケットの深さを測定し、改善の度合を確認します。
5.補綴治療 5.歯周外科処置
改善が見られた場合、インプラントや入れ歯などの補綴(ほてつ)治療を行います。
>>インプラントについてはこちら
>>入れ歯についてはこちら
改善が見られなかった場合、感染した歯周組織を切除したり、失われた組織を再生させたりする歯周外科処置を行います。
>>切除療法、再生療法についてはこちら
6.再評価2
治療によりどのくらい歯ぐきが引き締まったかをチェックします。また、歯周ポケットの深さを測定し、改善したかどうかを確認します。

7.メインテナンス
改善が確認できたら、治療は完了です。メインテナンスに移行しますので、良好な口腔内環境を維持するために定期的に検診にお越しください。

歯周病は早期発見・早期治療、それに予防が大切です。おと貝歯科では歯周病治療はもちろん、さまざまな予防治療を行い患者さんのお口の健康維持をサポートします。
東郷町をはじめ、名古屋市緑区、豊明市などの地域からのご来院もお待ちしています。当院へのお問い合わせ・診療予約はお電話でどうぞ。